トップ

バスでの外国語表記

外国人が利用するバスとは

国際化するバスは乗客を選ばない

案内表示に忠実であれば行き先に向かう車両を見つけられて乗車できますが、前提条件として文字情報が理解できないと何も始まらないです。来日する異邦人に対応する点を考えると、英語を追加すると利便性が向上してバスの利用者が増えます。世界的に英語が使われる地域は少なくありませんから、新規に印字するに値するというわけです。多種多様な利用者にとって通じる案内であれば、臆することなく乗車する意欲につながるためにバスの収益が増加します。設備を整えるために予算を計上する必要性に駆られるものの、長期的に加算されていく利益が上回るので黒字に転化しがちです。

バスには英語での案内が必要

外国人旅行者などが日本でも増えてきているので、バスには英語での案内が必要です。数多くの停車場所があり、路線も様々であり、行き先も色々とあるので、旅行者にはとても利用しづらい乗り物です。電車や飛行機と比べると情報も不十分であり、日本人でも使いこなせなかったり、特定の路線以外はあまり使わない人も多くなっています。そして、道などで外国人が日本人に尋ねても、どのバスに乗ったらいいかということを教えられない場合が多いです。英語での案内を増やして、外国人旅行者でも気軽に利用できるようにすれば、外国人観光客も増えるし、利用しやすくなるはずです。

バスの最新の情報

新着情報

↑PAGE TOP